2010年10月07日

経理・会計のプロを目指すなら 日商簿記1級

日商簿記1級では、上場企業の経理に必要な基礎知識をほぼ全て学びます。

特に、連結、金融商品、減損会計、退職給付、企業結合、外貨換算、リース、その他もろもろの新基準について1級で基本的な計算原理はほぼ網羅していて、また、高度な管理会計(原価計算)の知識と計算力を身に付けます。

1級合格者は、会社内で、かなり頼りにされる存在となっているのが通例です。

下手をすると、前に勉強経験があるかもしれない会社の経理部長や課長クラスよりも、最新の会計基準を知っている、という意味で実務的に「頼りにされる」かもしれません。

しかし、このような価値のある簿記1級に合格するのは実は容易なことではありません。

受講料も20万円以上する専門学校も多数ありますし、講師の教え方によって実力の伸びが異なったりもします。


さて、「柴山式短期合格簿記学習法」をご存知でしょうか?

公認会計士の柴山先生は、2000人以上の簿記検定受験生を指導してきた実績を持ち、分かりやすさで定評がある先生です。

効率的に1級の学習範囲をインプットして、さらにアウトプットする力を身につけることができます。

ぜひ、講座内容を確認だけでもしてみてください。

次項有 日商簿記検定1級短期合格CD講座(4科目セット )

(本日から1週間限定の合格応援キャンペーン実施中です。)

posted by otaxs at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記ぼき boki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワンストップ対応可能な税理士をご希望なら、税理士紹介ネットワークへ
格安の株式会社設立で経費節減!
絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら