2016年02月24日

医療費控除の対象になる医療費と対象外まとメモ

今年も確定申告、みなさん進んでますか?
毎年毎年のことですけど、いつも迷ってしまう医療費控除について、簡単にまとめておきますので参考にしてみてください。

医療費控除の適用
1年間に支払った医療費が10万円(*)を超えると、税金が安くなる場合があります。厳密にいうと、医療費が10万円を超えても、健康保険や民間の保険で受け取ることのできる一定の給付金は差し引かないといけないため、それでも10万円を超えた場合、超えた分に対する税金が安くなります。この申請をする場合にも、確定申告が必要です。一般には出産した際に利用するケースが多いようです。
ちなみに、ここでいう「医療費」には、市販の風邪薬(常備薬としての購入ではなく、あくまで治療目的で購入した場合に限る)や、通院の際の交通費を含めることもできます。
*総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額

控除対象医療費の例控除対象外医療費の例
治療・検査・医師に支払った診察費、治療費
・異常が見つかって治療した場合の人間ドック費用、メタボ検診費用
・レーシック手術の費用
・美容整形の費用
・異常なしの場合の人間ドック費用、メタボ検診費用
・診断書の作成費用
歯科・虫歯の治療費、金歯や義歯の費用
・治療としての歯列矯正
・歯石除去のための費用
出産・妊娠中の定期検診費用
・出産費用
・不妊治療
・無痛分娩講座の受講費用
・出産のために実家へ帰る際の交通費
医療品・医師の処方箋により薬局で購入した医薬品
・病気やケガの治療のために、医者へ行かず薬局で購入した医薬品
・疲労回復、健康増進、病気予防のために購入した医薬品や漢方薬
・薬局や薬店で購入した体温計
通院・入院・通院や入院のための交通費
・電車やバスでの移動が困難なために乗ったタクシー代
・治療に必要な差額ベット代
・自家用車のガソリン代、駐車場代
・自己都合で希望する特別室の差額ベット代など
その他・寝たきりとなっている家族の紙オムツ代(医師の証明書が必要)
・生活を一緒にしている家族のために自分が支払った医療費
・仕送りをしている親など扶養家族のために自分が支払った医療費
・通常のメガネやコンタクトレンズの購入費用
・磁気ネックレスなど健康器具の購入代金

あくまでも参考までにして、実際の領収書等の内容に応じて、不明なものは国税庁ホームページや各管轄の税務署でお確かめの上、申告してください。

PR
全自動のクラウド会計ソフト

確定申告のこの時期に嬉しい!
クラウド会計ソフト freeeクラウド会計ソフト2ヶ月無料体験キャンペーン


毎年のことです。
posted by otaxs at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月12日

平成25年分2014年確定申告期限

平成25年分、西暦2013年分の所得に関する確定申告期限は、通例の3月15日が本年は土曜日のため、期日は週明け、17日の月曜日、2014年3月17日月曜日が確定申告期限日となります。

国税庁ホームページ:平成25年分 確定申告特集参照

只今、鋭意申告書作成中!!!

(・。・;
posted by otaxs at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月04日

個人事業主と法人の違い 用語解説

参考になれば
<用語説明>
税務や会計、開業やその他のことなど、皆さまの専門とされる分野からかけ離れていることも多い業界ですが、「税理士を新しく探している方」、「税理士の変更を検討している方」にとって身近な用語を記載しておきます。

●個人事業主⇒その名の通り、個人で事業を営んでいる方です。
正確には、税務署に開業届を出した「個人」の方が対象となります。
従業員が0名でも、10名でも、(あまり存在しませんが)100名でも、法人として事業を営んでいないようでしたら、「個人事業主」となります。
起業や独立された直後の方は、法人ではなく、「個人事業主」で事業を開始されることも多くあります。
良く当てはまるのは、「士業・医師」などの資格業、フリーランスで活動するライター・技術者・建設系作業員、小規模の商店・飲食店などが該当するケースが多数です。
サラリーマンだけではなく、こういった個人事業主全ての方が、年明け2月中旬〜3月中旬までの確定申告の対象者となります。

●法人⇒語源はその名の通り、「法」によって「人」とされているものです。
これは、「人」でないと法律の適用が難しいからということなのですが、詳しくは省きますが、日本国内においても、法人の種類は多くありますので、あくまで一般的に目にしやすいものは、「株式会社」、「合同会社」、「有限会社」などがあります。
一般的に「会社」と言われるのは、「法人」のことです。
法律が変わり、現在では「有限会社」の新設は出来なくなりましたが、以前から「有限会社」を名乗っていた法人のみが残っている状態です。
今ではルールが多様化し、1名のみの法人も存在しますので、法人だと規模が大きいということは一概に言えませんが、個人事業主と比較すると、諸々の手間が多い分、社会からの「信用性」はアップする傾向があります。
当然、税理士さんの必要度は、個人事業主と比較すると格段に上がります。法人で税理士さんとの契約無で進めている方は、代表者やその法人の社員が相当経理や税務に詳しくない限り、まず存在しないと思います。

参考ページはこちら
完全無料何度でも紹介OKな
税理士紹介ネットワーク



 
posted by otaxs at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月22日

タイガーマスク伊達直人と寄付金

巷をにぎわしてますね。

全国の伊達直人さん

MSNマネーコラムにこんなのありました。

 伊達直人と税金
記事引用
伊達直人と税金
2011年01月21日

全国に伊達直人が数百人
 ここ最近、テレビや新聞でも多数報道されている漫画「タイガーマスク」の主人公である伊達直人を名乗る寄付活動。昨年のクリスマスに群馬県の児童相談所にランドセルが置かれていたという報道に端を発し、現在ではその件数も数百件にも上っているそうです。

 暗い話題が多い昨今では、心温まる活動として今後も引き続きこうした支援の輪が広がって欲しいものだと思います。

寄付に対する税金の優遇措置
 ところで、この伊達直人のニュースに関連してか、最近質問を受けることがあります。

「個人が寄付を行った場合、何か税金の優遇措置を受けることができるのでしょうか?」

 可能性として考えられるのが、所得税や住民税の寄付金控除、相続税の非課税措置です。

所得税の優遇措置
 所得税では、個人が国や地方公共団体、特定の公益法人やNPO法人等に寄付を行った場合には、「寄付金控除」と呼ばれる税金の優遇措置があります。

 これは、健康保険や年金等の社会保険料を支払った場合、生命保険料を支払った場合と同様に「所得控除」と呼ばれるもので、税率をかける前の金額を減らしてくれるというものです。

 具体的には、寄付金の額(総所得金額等の40%を限度)−2,000円が所得控除の対象金額となります。

 仮に、所得税率10%の方が10万円の寄付をした場合、9,800円の税金が軽減されることとなります。

 なお、寄付金控除の適用を受ける場合には、寄付をした団体から交付された領収書を添付して、翌年3月15日までに確定申告をしなければなりません(年末調整では手続きができませんので、会社員の方も確定申告が必要です)。

住民税の優遇措置
 住民税についても、所得税と同様に「寄付金控除」と呼ばれる税金の優遇措置があります。

 ただし、所得税とは異なる点として、寄付金の対象が都道府県又は市町村が条例により指定した公益性のある団体が対象になりますので、全国一律ではなく各自治体によって取扱いが異なります。

 また、税金の軽減方式も所得税が「所得控除」であるのに対して、住民税は「税額控除」と呼ばれる税金の額をダイレクトに減らす方式になっています。

 具体的には、(寄付付金の額−5,000円)×10%(総所得金額等の30%を限度)の金額の税金が軽減されることとなり、手続きについては、所得税の確定申告の際に合わせて行うことができます。

 なお、昨年の12月に発表された税制改正大綱では、平成23年以降は所得税についても住民税と同様の「税額控除」を選択することが可能となり、寄付金の額の40%相当額の税金(所得税額の25%が限度)が軽減されることになるようです。

相続税の優遇措置
 相続によって取得した財産を国や地方公共団体、特定の公益法人等に寄付した場合には、その寄付をした財産については、相続税の課税対象にはしないという措置があります。

 この適用を受けるには、相続税の申告期限(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内)までに寄付を行い、寄付をした団体から交付された領収書や証明書を添付して相続税の申告をしなければなりません。

ただ、伊達直人の場合…
 ただ、残念ながら伊達直人さんの場合、どの優遇措置にも該当しないように思われます。

 勘の良い方は、ここまでの説明でお気付きになるかもしれませんが、どの優遇措置も領収書の添付が必要になります。

 当然、伊達直人は本名ではないでしょうし、領収書も受け取っていないはずでしょうから税金の申告はできません。

最後に
 今回、伊達直人を名乗って寄付を行った方々は、善意の行動であって税金の優遇を受けようという趣旨でないことは当然承知しています。

 ただ、今回のような匿名の寄付に対しても税金の優遇を受ける制度、少なくとも(匿名でなければ)軽減される可能性があった税金について寄付した方の意図を汲んだ使われ方をするような制度の構築。

 こうしたことにより、今回の寄付活動が一過性のものではなく、継続的に続くことを願っています。

土屋会計事務所
税理士、CFP、登録政治資金監査人 土屋 裕昭
提供:株式会社イマジネーション


そうなんですよね。

でも、わたし思います。
果たして伊達直人が当初から寄付金控除なんてものを考慮したうえで寄付などするでしょうか、と。

世の中、考え違いしてるところが大いにありますよね。

法律や制度なんぞは後付けのもの。

大切なのは人の気持ち、想い、でしょ。

税務も税金もそういう気持ちを大事に取り組みたい、取り組んでもらいたいものです。
posted by otaxs at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月22日

税務署の事業年度と税務調査と

佐伯税理士からのシェア情報


 多くの方が、税務署は7月から新年度が始まることをご存
 じないようですね。

 税収が37億円ですから、今年は厳しくなりますよね。
 
 毎年7月10日が、税務職員の異動の日です。
 
 つまり、企業でいう入社式みたいなものですね。
 
 7月10日から新しい税務署に配置されて1年が始まります。
 
 
 今月は、税務調査の事案をピックアップし、本格的な
 税務調査が8月の盆明けごらから始まります。
 
 また、個人所得税の申告状況をみて、事業内容のお尋ね
 書などを一斉に郵送していきます。
 
 ネットオークションやインターネットビジネスをしてい
 る人で、確定申告をしていないで目立っている人などの
 ところに、郵送されます。

 大きな収入がある人などは、9月ごろ、何の前触れもなく、
 ご自宅に税務署員が数名みえることがあります。

 12月までは、随時行われます。

 1月になると所得税の申告の準備に入りますので、税務調
 査葉急激に減ります。

 だから、あなたは、確定申告をすること、これが何よりも
 精神衛生上必要なことなのです。

 では、もし、あなたのところに税務署から、
 何らかのアクションがあったらどうしますか?

 いつも、あなたのことを心配している税理士が、
 ついていたら頼もしいですよね。

 そのような税理士を探してみてはいかがですか?

(株)フロンティア 代表取締役 佐伯 祐司


 追伸:

 タイムリーな情報は、大きな安心を与えることになると
 思っています。

 今後も役立つ情報を配信していきたいと思っていますので、
 倍旧のご支援をお願いいたします


自動会計ソフトネット君

  
posted by otaxs at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月07日

確定申告書等作成コーナーにいます

キーワードでも上昇しているみたいですね。

そうです。私、確定申告書等作成コーナーにいます、税務署の。

毎日、大混雑です。
でも、時間帯や曜日によります。
運のいい人は1時間もかからないで終了する人もいれば、運の悪い人は3時間もかかって、書類不足で出直しなんて方も中にはおられます。
(気の毒)

しかし、最近こう感じるようになりました。
確定申告は「納税教育の場」なんじゃないかと。

納税は自己申告が大原則です。
なのに、税に関して理解している人が少ないこと少ない事。
確定申告自体はそれほど難しいもんじゃありません。

別に難しい法律を理解していなくても正確に申告はできるものです。
自分はそう思っています。
なのに、無駄な労力を使っている人、繰り返し誤って、還付金が受けられるのに、待ち時間で疲れてそのまま申告してしまう人など、大勢いるように感じます。

今、大型連休の分散が予算委員会?か何かでもんでますよね。
そんなのより、確定申告時期の分散化を検討してほしいです。
高齢者の方やなかなか時間の取れないかたには、切実なことかと推察します。

さすがにですね、あれだけ混雑してくると、税務署の職員だってテンパってわかわかんなくなることだってありえますから。

しっかりと丁寧に、きめ細かく、納税教育を、納税指導じゃなく教育を継続して実施していけば、仮に今の確定申告時期を変えなくても、もっとスムーズに申告作業は進むんじゃないかと、自分は思います。

あとね、確定申告は税金が戻ってくる申告じゃなくて、「納付する申告」もしくは「清算する申告」だと捉えてほしいですね。
これも現場の人間が手間をかけて納税者の方に対して教育していくことだと考えます。

そして現場の人間がそういうことをできるように、トップにいる人たちや仕組みを作る人たちが真剣にその立場になって知恵を出しあって欲しいと願っています。

なんだか「踊る大捜査線」みたいになっちゃいましたが、最後は(笑)

申告期限まで残り1週間ほど。

お忘れの無いように。
posted by otaxs at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月21日

勘違い? 医療費還付

確定申告がいよいよ本番真っ只中

そんな中

結構勘違いしている人が多いようです。

医療費還付について


医療費の控除の基準額のこととか
掛かった医療費そのものが戻ってくるものだと思っているとか

基準額10万以上とか
支払った医療費が返戻されるとか

間違いですよ。

よくよく尋ねて確認しておいてくださいね。


調べるには
そして有益情報は・・・
posted by otaxs at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月07日

確定申告イータックス派遣1週間

税務署にあるパソコンからだと、とても簡単ですね、e-Tax。

確定申告書作成画面まで順調にたどり着ければ、自宅で申告したほうが本当に便利かもしれません。

それにe-Tax税額控除(最高5000円)も2年延長となったようですし。
なんだか伸びるような噂もちらほらあるような、ないような(笑)

ただ、1回こっきりなんで、控除を利用する場合、タイミングとかうまく合わせないといけませんが。

ICカードリーダ、安っすいやつ買ってみていっちょうやってみますかね。


ICカードリーダ(ライター)アマゾン売れ筋123
  

ま、この他にもたくさん種類はありますけどね。

自分はシャープ愛好者なんで、購入するなら

シャープ いい暮らしストア

  
posted by otaxs at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月28日

今日から派遣で税務署へ

本日より派遣の仕事で税務署へ参ります。

久しぶりだ。

短期だけども仕事があるというのは本当にありがたい。

ちょっと緊張して頑張ろう。

では
posted by otaxs at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月23日

派遣でe-Tax案内補助の仕事

久しぶりに派遣の仕事が入りました。

来年の確定申告時期に合わせて、e-Taxの税務署にあるパソコン申請の説明補助要員の仕事です。

復習しておかなくては・・・

と、同時に自分の確定申告準備も早め早めに着手することにしましょう。


PS
佐伯先生の「ネットビジネス専用税務顧問契約らくらく6ヶ月パック」が終了予定を間近に控えております。
枠も残り僅かとかで、むしろそちらの方が早く埋まりそうで、期限前に終わってしまう可能性もあるみたいです。
どうぞ、関心を寄せられていた方はお急ぎくださいませ
posted by otaxs at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワンストップ対応可能な税理士をご希望なら、税理士紹介ネットワークへ
格安の株式会社設立で経費節減!
絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら