2008年03月07日

事業展開を考える

税理士法に基づく関係から税務申告や相談業務というのは資格がないと不可能です。

なので、ネットを活用してリアルでの会計代行サービスの事業展開ができないものか、もしくはインターネットそのものを使って、ネット上でそういうサービスを提供できないか、今模索中です。

と言っても、既に立派に事業として実行されているところは多くあります。でも、それでもいいんです。これは儲ける為の事業展開ではなくて、ある意味、社会貢献的なモチベーションからくるものなので。

ま、世間一般パート並の時給程度さえ確保できればいいかな、くらいに考えているんです。

しかし、まったく非現実的な話ではないんです。リアルサービスなら直ぐにでも可能かもしれません。実際にそれなりにキャリアもありますし、その宣伝としてこのブログでピーアールするのも一つの手でしょうし、他にも広告費を支払って宣伝すれば多少なりともニーズを掘り起こすことが可能かもしれません。

ただ、一方のネットでサイトを立ち上げて、そこにプログラムを組み入れてとなると、正直今の自分には無理です。勉強しなくてはいけないことが山ほどあります。それを習得するまでには相当の時間を必要とするでしょう。

ま、何はともあれ、いろいろ悩みながらも考えてみたいと思っています。
検索や広告やその他諸々手当たり次第に調べて、近い将来現実のものとしたいです。
では また
posted by otaxs at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年03月03日

担当するつもりだった(BlogPet)

きのうタックスが、担当するつもりだった。
それできょう、重視したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「タックス」が書きました。
posted by otaxs at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年03月02日

2008-03-01のブックマーク(BlogPet)

きのう(2008-03-01)のギムのブックマーク。

posted by otaxs at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年03月01日

いよいよ行動を開始しますか、確定申告

3月に入りました。
寒さも徐々に緩み始め、春近しという感じです。

さて、いよいよ確定申告の行動を開始することにしましょうか。
一部の税務署を除いては土日はもちろん受付業務をしておりません。例外として、この後ですと3月2日の日曜日だけ相談業務を行っているところがあるだけです。
 http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/heichoubi.htm
残念ながら北海道は対応していません。ま、別段それに対してなんと言うこともありませんが。

ところで、ふと思ったんですが、ネットで「確定申告」というキーワードで検索している方って、一体どんなことについて調べようと思われていらっしゃるんでしょう…?

余りにもキーワードがビック過ぎて、本来知りたいはずの情報に辿り着けないのじゃないのかなぁ、と思うのですが。
ちなみに、Googleで同キーワードを検索してみたら、3,020,000件ヒットしました。Yahoo!だとおよそ10倍の30,300,000件もありましたよ!
ここから欲しい情報を見つけようと思ったら、気の遠くなるようなほどのページを閲覧しないといけません。Fuooooo...

ただ思うに、例えば自分に置き換えて考えてみた場合、やっぱり、大元である国税庁のHPなんかだと理解しづらいからかもしれないなぁ、って。今更ながらですが、どうしてああも税金って難しく面倒くさく組みあがっちゃってるでしょうねぇ。もっと単純明快に、透明性を重視した仕組みを構築できないものなんでしょうか。

しかも今の税構造は必ずしも公平性を保持していないような・・・そんな気のする今日この頃でした。

では、また
posted by otaxs at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年02月14日

今年の申告期間は

本年の確定申告期間は来週2月18日(月)から3月17日(月)までの29日間になります。

何か問題はありますか?

何か問題があれば
 
 ・ネットワークビジネス向け税務顧問
 ・たった9800円の税理士印

参考にしてみてください。

 あとはいろいろ広告なんか調べて見れるのもひとつの方法です。
時期ですから

テンプレート変えてみました。
posted by otaxs at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年01月25日

サラリーマン限定 税金0円生活の勧め

著者によりますと、「サラリーマンの方に絞って所得税、住民税が0円になる 裏技」ということです。もちろん合法的にでしょうが。

サラリーマン限定 税金0円生活の勧め■簡単!年金も退職金も当てにならない時代だからこそ今必要な完全合法で出来る

サイトの中身を読むと、なるほど答えは出ているのです。
つまり、本編はその具体的手順や考え方について書かれたものか、ということが読み取れそうです。

さてそこで、どうしても引っ掛かり、考えてしまうのが、果たして自分に置き換えても、その有効性は確保できるのか、ということですよね。

ただ、対象者をサラリーマンという設定にしてあるのですから、恐らくは汎用性のあるもののはずにちがいありません。でなければ商品化して広く販売する意味がありませんから。

ようは、このノウハウを元に実行するだけの行動力があるかどうか、その一点にかかってくるような気がします。ま、将来的には確定申告をすることになるのは間違いありませんから(年金受給者として)、前倒しと捉えてトライしてみるか、そういう考え方も一つとして有効かもしれません。

ただ、サラリーマン人口何千万人もがこの手法を使い出したら、きっと税務署がパンクするでしょうけど・・・(笑)

もし、なんとなく気になるなぁ、と感じられましたら、目を通されてみてはいかがでしょう


posted by otaxs at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去年は株やFXで損をした人が多かったのでしょうか

ちょっとコーヒーブレイクで独り言を

―昨年は株やFXで損をした人が多かった?―
個人の場合は、損益通算できないのですが、法人であれば、すべての収入と費用を差し引き出来ますので、損益は通算されることになります。ごく簡単に言ってしまえばですが

もし、あなたも株やFXに投機をされているようでしたら、法人でされたほうがいいんじゃないでしょうか?

仮にアフィリエイトで利益が出て、株やFXで損が発生しても、法人の所得なら損益通産で圧縮となるはずですから、リスク回避になるのでは?と思われます。

FXについては、政府も商社の届出を強要する様になりましたから、これからは儲けるのは難しいかもしれませんね。

今年は、株やFXはどうでしょう・・・?

個人と法人とでは所得の計算が違うことを知れば、上手く利用して節税にもつながるはずです。
また、近い将来、恐らく消費税率アップは必至と見込まれます。その時に法人に変更しておけば、2年間消費税を納めなくて(先延ばしですが)すみます。

所得税、法人税、消費税など、バランスよく見ながら、自分に合った節税方法を考える必要があるでしょう。

国税庁のホームーページでは素人にはなかなか難しい部分も多々あります。時間があればいろんなサイトを覗いて、違った角度から情報を得ることや知識を増やすことも必要でしょう。


..
posted by otaxs at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年01月08日

会計処理の準備はできたものの・・・

とほほ

収入が発生しません
売上伝票が起こせませんよぉ(泣)

いやぁ〜2008年 ねずみ年は波乱の幕開けとなりますか?

いえ、いえ まだ始まったばかりです
これから頑張りまっすよぅ〜!

 本家計簿ソフトは、従来の家計簿ソフトのようなただの入出金簿ではありません。裏側で複式簿記を採用しており、
より精緻に家..



posted by otaxs at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年01月03日

いよいよ本番

あけまして おめでとうございます。
いよいよ今年から個人事業者として本番を迎えることとなりました。

さて、気合を入れなおし、頑張らねば!

一応、青色申告事業者として届出をしている関係上、会計・経理の方はしっかりとやっておく必要があります。ま、複雑なものは一個もありませんから、何の心配もありませんが。

ま、そんなことよりも、まず売上(収益)を伸ばすことに専念しなくてはいけません。稼げるようにならなければ、税金の心配も発生しないわけですから(笑)

ところで、今国会の争点として、揮発油税の特別措置が注目されていますが、実際どうなんでしょうね、暫定税率の上乗せ撤廃がなくなれば確かに高騰のガソリン代も値下がりするでしょうけど、いかがなものなのでしょうか?

与党の強い反対は免れないでしょう。しかし、それっていま一つぼくらにはよく理解できないところです。税収が不足となるというのはわかりますけど、果たしてそれによってどんな不利益と言うか、問題が出てくるのか今一よくわかりません。

インターネットで情報収集しても、あまりにも専門的な文言などが多く、読み解くだけでも大変。ましてそれによって構造がどう変わり、どういう結果を招くのか、つながりを見通すことができません。

どうして、税、ってこんなに複雑になってしまったんでしょう。
納める側がもっと身近に感じる、明瞭なもの、仕組みにして欲しいものです。

ちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたかね・・・
では、また
posted by otaxs at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年12月17日

就業規則と副業の・小話

先日の届出書関係を今しこしこと書いています。

さて、
サラリーマンの勤める会社のほとんどが副業禁止になっているのはご存知ですよね。
私も遠い昔?にサラリーマンの経験を持っていますが、就業規則にはきっちり明記されているのをはっきりと覚えています。

会社に内緒でアルバイトの給与もあるという方が、Wワークを発見されなくて、なおかつ節税ができることはないですか?と知り合いの税理士に質問したそうです。しかし、やはり同じくあなたの会社の就業規則を見れば、副業禁止になっていることがわかるかと思います。

労働基準法では、就業規則をいつでも見ることができるようになっていないといけません。では、質問の方に良い方法というのはあるのでしょうか?

給与が2箇所以上あれば、ネットビジネスの所得がなくても確定申告をしなくてはなりません。通常は年末調整後に給与支払明細書(受給者交付用)が会社から配られます。その後1月31日までに会社は、これと同じ明細書をあなたの住まいの市町村に提出します。市町村では、あなたの家族のものと突合しまして、おかしいものは税務署に返されます。そうすると、税務署は会社に調査を依頼することになってばれてしまうことになります。

そう考えると、アルバイト先に「実は、主人の配偶者控除をうけるので、市役所には提出しないでいただけないでしょうか?」とお願いをするしか方法はないかもしれません。それで市役所でもう一ヶ所のアルバイト先の給与支払報告書を回してこなければ、会社にはわからないことになるでしょう。しかし、このようなことを理解してもらう負担を感じますし、果たしてそれが社会通念上とおることがどうかはわかりませんよね。つまり解決策って、個々の方々の状況に応じて千差万別なわけでもあるということなのです。だから、税理士と親しくしておくべきなのですよね。
らくらく税務顧問

あなたが、副業をなさっているなら、このように考えてみるのはどうでしょう。もしサラリーマンで副業をネットビジネスするならば、奥さんに教えて奥さん名義でする。儲けが大きくなれば、奥さんと共に役員の会社を作る。これって「転ばぬ先の杖」・・・になりませんですかね?
posted by otaxs at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワンストップ対応可能な税理士をご希望なら、税理士紹介ネットワークへ
格安の株式会社設立で経費節減!
絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら